保存液の仕組みと用途

コンタクトの洗浄液は、コンタクトを外した後に、レンズケースに保存する際、手やレンズに残っている汚れを落とし、細菌などが繁殖しないために清潔に保つための用途で使います。ソフトコンタクト用の保存液とハードコンタクト用の保存液では成分が異なるため、購入の際には注意が必要です。

ソフトコンタクトは涙に近い成分でできており、水道水などで洗うと水分を含んで形が崩れてしまうため、保存液の中でレンズを保管しておき、そのまま目にコンタクトを入れられるよう、刺激のない成分でできています。

ハードコンタクトの保存液は、コンタクトを目に入れる前に水道水で洗うことが前提なので、ハードコンタクトの洗浄液が目に入ると強い刺激や痛みを感じます。コンタクトの保存液の種類は、レンズの種類や使い方によって異なるため、自分のレンズの種類に合わせた正しいものを選びましょう。

ソフトコンタクトは、特に水分を多く含むため雑菌が発生しやすく、特に保存液の存在が重要です。最近はMPSといわれる、それ一本で洗浄から保存までの全ての役割を果たしてくれる薬剤がありますが、こちらもこすり洗いをきちんとするなど、正しい使い方をしないと、雑菌が発生したり、コンタクトの劣化の原因となってしまいます。フォーチュンコンタクト