保存液の注意を守ろう

まず、コンタクトの保存液を使う上で気を付けなくてはいけないのは、レンズの種類に合わせた保存液を選ぶことです。ソフトコンタクトにハードコンタクトの洗浄液は使えませんし、逆も同じです。使うケア商品を間違えたことで目のトラブルに繋がる場合も非常に多く、注意が必要です。眼科やドラッグストアで、自分の使っているコンタクトにはどのケア用品が必要なのか、事前にしっかり確認しておきましょう。

また、コンタクトの保存液は必ず毎日新しいものと交換し、コンタクトの保存容器も綺麗に洗って乾燥した状態にしてから保存液を入れましょう。決して保存液を継ぎ足して使わないようにして下さい。MPSのタイプの洗浄液を使っている人の中には、消毒成分があるから大丈夫だと思い、保存液を交換しないまま使っている場合もありますが、それは非常に危険です。保存液も時間が経つごとに劣化してきますので、コンタクトを守る成分がどんどん失われて行きます。

そして、コンタクトの保存液は、コンタクトを守ってくれるものなので、惜しまずたっぷりと入れましょう。コンタクトが保存液から出てしまうと、乾燥して変形してしまったり、雑菌が繁殖するきっかけとなってしまいます。