意外と知らない!コンタクト 保存液についての知識

意外と知らない!コンタクト 保存液についての知識 コンタクトには、保存液と洗浄液というものがあり、それらを使い分けて利用します。洗浄液は、その名の通りコンタクトの汚れを落とすための役割を持つものですが、保存液の仕組みについては、あまりイメージがわかないという方も多いかと思います。コンタクトの保存液は、確かにコンタクトを保存するための役割ですが、その仕組みは意外と複雑で、様々な役割を果たしているのです。

コンタクト 保存液は、コンタクトが乾燥したり、雑菌の繁殖を防ぐための成分を持った、コンタクトを保存しておく時に漬けておくための薬剤です。以前は洗浄液と保存液がそれぞれ別になっているのがほとんどでしたが、今はMPS(マルチパーパスソリューション)タイプという洗浄保存液があり、洗浄もすすぎも保存も、これ一本でOKという便利なものが販売されています。このタイプの保存液は、タンパク質汚れなども落としてくれるため、非常に便利です。コンタクトを保存液に漬けておくことで、常にコンタクトを清潔な状態で保つことができます。

もし間違えてコンタクトを保存液ではなく洗浄液に付けて保存してしまった場合、そのコンタクトを装着すると、洗浄液の薬剤の影響で目に激痛が走ります。カラーコンタクトなどにこうした洗浄液を使うことはあまりありませんが、普通のコンタクトでは洗浄液を使うタイプもまだあるので注意が必要です。保存液は、成分としては生理食塩水に近く、目に入っても痛みはありません。MPSタイプの洗浄保存液も同様に、目に入っても無害な成分でできています。涙の成分に近いものと考えるとわかりやすいかもしれませんね。ドラッグストアなどでコンタクトのケア用品を購入する際は、洗浄液と保存液を間違わないように、しっかり確認して購入するようにしましょう。また、自分の持っているコンタクトのケア用品はどんなタイプのものが合っているのか、必ず眼科で確認することが大切です。

コンタクトは毎日使用するものなので、きちんとケアをすることはとても大切です。間違ったケアを続けていると、コンタクトの破損に繋がったり、目を傷つけてしまう可能性もあります。ケア用品の正しい使い方を知ることは、自分の目を安全に守ることへの第一歩です。このサイトでは、コンタクトのケアには欠かせない保存液の知識や正しい使い方について、様々な情報をご紹介します。意外と知らないコンタクトの保存液について、是非参考にしてみて下さい。

最新ニュース